株式会社リビングデザイン ワクワクをカタチに

0120-515-563

Tel.0948-21-5563

お問い合わせ・資料請求

夢をかなえるリノベーションのヒント

トイレ リフォーム 便器の選びかた

人気のタンクレストイレと、従来型のタンク式便器のメリット・デメリット!

トイレのリフォームの際、もっとも重要なものはやはり便器の種類。

従来通り便器の後ろにタンクがあるトイレにするのか、見た目もおしゃれな人気のタンクレストイレか。それぞれの便器のメリット・デメリットをご紹介します。

 

【 タンクレストイレのメリット 】

・デザイン性・・・タンクがないので閉塞感が無くなり、アクセントクロスなどがより引き立ち、デザイン性の高い空間が演出できます。

・サイズがコンパクト・・・従来型のタンク式にくらべて奥行きが10cm程度小さいので、空間が広がります。

・掃除がしやすい・・・便座を上げて掃除ができ、便器の裏側にもらくに手がまわるのでお手入れも簡単。

・節水・・・タンクレストイレは少ない水で汚れを落とせるようになっています。

 

【 タンクレストイレのデメリット 】

・価格・・・従来品にくらべ価格が高い。

・手洗い・・・当然ですが、手洗い付きのタンクが無いため、手洗い器具が別に必要になります。

・メンテナンスコスト・・・温水洗浄便座と一体型のため、温水洗浄便座のみの取替えは不可。修理の際は、タンク式にくらべ費用が高くついてしまいます。

・停電時に不便・・・使用はできますが、後ろのカバーを外して手動レバーでの操作が必要です。

 

【 従来型タンク式便器のメリット 】

・価格・・・低コスト。

・メンテナンス性・・・温水洗浄便座のみの取替えが可能。タンク内の部材の取替えも比較的容易でランニングコストもタンクレストイレに比べて優位。

・手洗い・・・手洗い付きタンクにすれば手洗い器具が不要となり、その分空間が広く使えます。コストダウンにもつながります。

 

【 従来型タンク式便器のデメリット 】

・デザイン性・お手入れのしやすさ・・・やはりタンクレストイレに劣ります。

 

 

タンクレストイレと従来型トイレの違いはいかがだったでしょうか?

タンクレストイレにする場合は、TOTO「ネオレストシリーズ」、LIXIL「サティスシリーズ」、パナソニック「アラウーノシリーズ」と、各メーカーそれぞれ機能性に特徴がありますので、ショールーム等で体感されることをオススメします。

 

・さいごに

トイレの床の素材選びには注意!

「うちには小さい子どもがいないから大丈夫」とトイレの床材にフローリングをお選びになる方もいらっしゃいますが、数年経つと便器まわりにシミなどが目立つケースが多々見受けられます。トイレなどの水廻りは、クッションフロアシートやフロアタイルなどの塩ビ系の素材が無難かと思います。